又会いたいと思う人

2~3年前から ほぼ月1で同好会(音楽)に参加している。 初めて出た時 わざわざ傍まできて話しかけてくれた青年Aがいた。 この回はファミリア感を持っていて 初めての人にも区別ない。私は 世代も違うので言葉少なに応じていた。暫くしてもう一人の青年Bが 来てくれた。メンバーの7割は女性が占めているが女性は座席が近い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロマンシエ」原田マハ

国際美術館の学芸員の経験ならではの小説が多い。「楽園のキャンパス」 モネを描いた「ジヴェルニーの食卓」はよく覚えている。作者の芸術家への愛情 が感じられる。 「ロマンシエ」は著名な芸術家や作品を描いたものでなく、偶然パリに留学した 美大生・・自称=乙女。その語り口が面白くてつい読み進んでしまう。「あたし」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も夏籠りだけど

「夏が嫌い」と言うと「へえ」なんて驚かれることが多いです。そんな時「35℃とかの猛暑が好きなの?」と言うと 「それは嫌だな」と返ってきます。私は結構昔から暑さは苦手でした。 眩暈する暑さの中、被災地でボランティアの方たちが懸命に重労働をされているのを「ごめんなさい。ありがとう」と小さくなる気持になりますが、こんな弱々しいシニアは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー ニッポン選手が一番

スポーツには疎い私ですが、日ごろから「何故プロスポーツ選手は皆カッコイイにだろう」と思っていました。 長谷部誠さんは正にタイプの人、サッカーのイメージから来る野性味は全く感じられず、むしろ物静かで誠実、 知的と見えます。理想タイプです。ここの所、顔が細くなったとチョット気になっていました。ご苦労様でした。 ホント!カッコよかったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震

いつも通りの朝を迎え、朝食を並べて牛乳をレンジで温めている所でした。 いきなり「来た~」非常事態!常々20~30年以内に必ず南海トラフが来ると 言われ続けています。見当がつかないけどいつかは来るのだな、と頭の中に あります。だからあの朝の様に突然「ガタガタ」となると「ついに!」と覚悟する 心持になるのです。揺れている間は「いつま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若いお嬢さんのオシャレは?

つい最近まで、どちらを見ても、まつ毛長いカールにばっちりメイクだった。 あのメイクを施せば皆きれいだけど、かれらは皆同種だと思った。 最近は下火になったのかあのまつ毛とバッチリメイクをあまり見なくなった。 それとは逆に私の周りの娘さんたちはフェミニンなファッションよりラフなのが 多いなと思う。よく一緒する娘たちは初対面の時 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まほろ駅前協奏曲」三浦しをん

まほろ駅前で便利屋を営む多田君が遭遇する色んな出来事、人々。 気取らない文の中の優しさ、寂しさそして誠実さ。軽く見せて実は 深い小説なんです。 「舟を編む」「神去村~~」(林業を知りました)「まほろシリーズ」等々 どれもすばらしい作品です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉ねぎ過敏症

みんな玉ねぎは大好きでしょう。私は過去、少なくとも10年、玉ねぎを買う事がありません。 それ以前はクタクタになくなるほどに調理していました。何故なら、少しでも生っぽいのを 口にすると大変な事になるのです。一日中玉ねぎ臭いだけでなく、顔は紅潮し脂汗タラタラ、 気分悪く応急処置としては果物・・さっぱりしたミカン類が和らげてくれるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男親の我子への気持ちは?

最近は若い父親がベビーカーで子供を散歩させていたり子連れで歩くのをよく見かける。母親ならわが子は世界一大事で、いとおしい存在であるのは当然だが、男性たちの本音はどうなんだろう?と考えてしまう。勿論最上の父親が居るのは知っているが、一般的な父親の愛情度合いにどうも懐疑的なのだ。私自身の経験がそう考えさせるのか、特に手のかかる時期の父親の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説 新約「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー 田内志文約

学生の頃、この物語は吸血鬼の恐怖物やオカルトなんて吹き込まれ、怖い話が大嫌いな私は見向きもしないでひ たすらスルー。それを今頃になって読む気になったのは新聞紙上の紹介文だった。わたしが日頃読むのは、以前 は芥川賞直木賞作品から、それらの作者の作品で、最近は本屋大賞が一番外れがないと思っている。 だから分野がガラッと違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未だ分からない男の子、男性

私は女4人姉妹で育ち、娘を育てました。孫も女の子です。 仕事柄女の子が圧倒的に多いですが 男の子にも接する機会もあります。、若い時から自分は彼らの保護者として 守るという責任感をしっかり持って来ました。ある時、男の子がなかなか帰らないのでどうしたのかと訊いたら「先生、 ここで独りぼっちになるから僕居てあげる」って、小柄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑の散歩道

この春はまだ行楽に出ていない。4月にはと思ってるうちに既に5月半ばになってしまった。 毎日徒歩で買い物に行く。片道15分か20分。街、市の名所でもある桜並木が大好きで少し回り道しても 歩く。春のさくら、真夏の水(川)と緑の涼、秋の紅葉など、年中楽しめる。この辺りは駅近くでもあるし、地価も高く 豪邸が多い。普段はメインの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独りの一日

連休の只中の今日は、風は少し強いけど晴天に恵まれ、若い子持ちの所帯が殆どのご近所は無人に近く、取り残 されたようで、さすがは心もとなくなってしまいました。娘に電話しても応答ないし、隣近所を気にせず先ずは1時間 余りピアノを弾いていました。気にせずいくらでも弾けるのに、何となく張り合いがないと言うか・・・普段は居心地よ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる人 村治佳織さん

ギタリストの村治佳織さん・・・私は音楽、特にクラシック、私自身はピアノですが。ピチピチと健康的で明るく堂々と 演奏されるお嬢さんだとTVで観るたび思っていました。ご自分でもイタリアだったか留学先によく溶け込んで肌に 合ってる、みたいな事言ってたのを聞いて、物おじしないおおらかな方だと羨ましくもありました。 最近、TVに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春日大社正還宮と紅葉へ

奈良春日大社で20年に一度社殿や神宝を新調する式年造替が完成し、新檜皮屋根と塗り替えて華やかになった社殿を公開されるので、丁度紅葉の頃でもあるので出かけました。夏は奈良は暑いのでホームタウンにご無沙汰です。近鉄奈良を降りたらすぐ文化会館の紅葉の美しさにカメラを向けました。先に水門町の吉城園に寄りました。半分は外国人の方で熱心に見物してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の日

暑い日が続きましたが漸く秋らしくなって、買い物に少し遠回りして1級河川沿いを歩いていると、大小のカモの群れがのんびり餌をついばんでいます。子供たちももう赤ちゃんではなく自力で餌をついばんでいました。本の少し上流へ、2羽のシラサギがこれものんびり散歩しながら餌をついばんでいました。少し上流でもゴミはありません。と言ってもきれいな川ではあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠い記憶 1

ほゞ2年もお休みしていました。もう自分のページがなくなってるのでは、と心配しましたがちゃんとありました。ありがとう。 2年前に 漸く自分のデザイン(範囲のなかで)の新居に移って 僅かながらも好きな仕事も続けてそれまでの重荷が取れて 気楽に快適に過ごせることを楽しんでいます。 落ち着いたせいなのか、年のせいなのか、幼児の頃の不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の散歩道

ソメイヨシノの桜並木も既に新緑になって ポピーやつつじ、カキツバタ等が咲きだすなと 見 ながら歩いていました。市立球場に差し掛かったらピンクが見えました。八重桜が花吹雪にな り始めていました。木の下に立って 真上の八重桜を見上げていると 後ろから「スタイルが 良いですね」と言われびっくり!戸惑って「はあ、そうですか」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2人の女性小説家

昨年の年末から 最近話題の女性作家 江國香織さんの小説を読んでいる。彼女のは初めてで 話題の最新作を 図書館で借りてみることにした。そしたら19人待ちだったので 村上春樹と この作家の作品を適当に借りた。読み やすく面白かったので続けて何冊か読んだ。自分とは 違った世界の人がこんな風に生きてるんだと 新たに知っ た。偶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川洋子「原稿零枚日記」を読んで

好きな作家の新刊なので買って読むかと思ってたのですが まだ暑い頃 図書館に寄ったついでに借りる予約をしました。私と同じように好きな人が既に予約していて10人待ちでした。普通はそんなに待てないのですが その時は暑さのせいかゆっくり待とうと思いました。二週間前に漸く回ってきて 今日期限日で返しました。 彼女の作品は2種類あって一つは登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more