本(小説)には希望が!

私にとって 第一はピアノ、次かその次は活字の本がないと物足りない。ピアノには時間を必ず取るが本は読みたい時に手に取る。猛暑時期は外

出が少ない分本が多い。この頃はもっぱら図書館を利用している。11月は好きな有川浩の「キャロリング」を読んだ後 ベストセラーと言う「平

場の月」を予約で借りた。読みやすい文だった。読んでも読んでもキラキラした思いがなかった。半分まで頑張ったが楽しくない。華がない!

これまで楽しく読んで来た沢山の本の登場人物には”華”があったのだ。そして読む側にも希望の気配をいつも感じさせてくれたのだ。

忍耐しながら読んでも希望がなさそう。「平場」とはこう言うことか。

期日に余裕があって、途中で返却したのは初めての事。次はポジティブなものを読みたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント