2人の女性小説家

昨年の年末から 最近話題の女性作家 江國香織さんの小説を読んでいる。彼女のは初めてで 話題の最新作を

図書館で借りてみることにした。そしたら19人待ちだったので 村上春樹と この作家の作品を適当に借りた。読み

やすく面白かったので続けて何冊か読んだ。自分とは 違った世界の人がこんな風に生きてるんだと 新たに知っ

た。偶然にこの2人の世界は似ているように思えた。但し村上さんの代表作は読んでいない。

江國さんの恋愛小説のパターンは 「こうなんだ」と自分なりに分かって やはり自身と世界が違う とても派手な所

には少し飽き飽きしてきた。

久しぶりに 瀬尾まいこ を読んでみることにした。「天国はまだ遠く」は江國さんと同時進行で 江國さんを優先して

いた。江國さんを先ず読み上げても「天国~」は又置いといて 話題作瀬尾さんの「図書館の神様」を期待して読ん

だ。期待ほどではなかったが自分に近い世界なのは良かった。

やっと「天国はまだ遠く」に集中した。少しまえから これって1度読んだな と思ったけど場面は覚えていても 結末

等は覚えていない。これは2度目だとはっきりしてきたけど楽しみながら読んだ。

村上さん、江國さんの登場人物は カッコよくてエリートで派手な恋愛をする。

一方私の好みは純粋、純朴が底にあるのが良い。ぶっきら棒だけど愛が感じられて夢がある。

村上さん、江國さん、好きな小川洋子さん、あさのあつこさん、皆写真でお顔や年齢が分かっているが 瀬尾さんは

知らないので 「ブスでありませんように」と思いながらグーグルで見てみた。上品できれいな人だった。唯、娘と

同い年にはびっくり、若い作家は沢山(直木賞など)知ってるけど作品もその年なりだと思う。でも瀬尾さんにはそん

なに若いとは何故かショックを感じた。次も暫くは瀬尾さんの本を漁りそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック