みどりの路

アクセスカウンタ

zoom RSS 未だ分からない男の子、男性

<<   作成日時 : 2018/05/16 21:17  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私は女4人姉妹で育ち、娘を育てました。孫も女の子です。

仕事柄女の子が圧倒的に多いですが 男の子にも接する機会もあります。、若い時から自分は彼らの保護者として

守るという責任感をしっかり持って来ました。ある時、男の子がなかなか帰らないのでどうしたのかと訊いたら「先生、

ここで独りぼっちになるから僕居てあげる」って、小柄な彼にホントびっくりしたことがあります。男の子って”守ろう”

とするものなんだな、と初めて感慨深く覚えています。娘と同年代の男子、私から見たら息子以外ありません。そこ

でもビックリしたのは私が近所の中3生に話しかけた時、仲間たちが「ヒュウヒュウ」口笛みたいなのを鳴らして冷やかす

のです。「何なの?」とあきれてすぐに退散しました。親みたいな女性に何を思ってるの?

長年ピアノレスナーをしていましたが少子化から仕事が激減したので、学生時代他経験あるので塾の講師を

10年やっていました。講師は大学生と主婦私を含め3人でした。主婦2人と私は世代の違いがありました。これは

気分的に気楽でもありました。でも誰もそうとは思わなかったみたいで5分の休憩時間になると5、6年生の男子が

私の周りに集まっていました。

塾は生徒が講師を選ぶことができるのです。私は第一線でやると言う欲はなかった(遠慮)のですが、強い要望

があったので、いつでも交代する気持ちで引き受けました。一人っ子の跡取り息子ちゃんでした。中学ではそれな

りに指導できたと思います。男子大学生が帰り際に話しかけると、男同士にしてあげようとそっと抜けて先に帰り

支度をして「何故先に行くの?」って本気で怒られて、彼は一緒に帰る所に大学生が来たのが迷惑だったのか

とこれもびっくりしました。彼と私の間は謂わば祖母と孫と言っても良い年代差、でも女性であることは確かです。

本当に彼の気持ちはきれいなものだったと、最終的には私が彼から学ぶことが多かったなと思います。

ただ、私は彼の最上の聞き手であったことは確かです。今頃は就活中らしく真っすぐ進んでいることだろう、女性

友達出来たかな、良い人に出会ってほしいなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント者は団塊の世代に近い者です。昭和18年を頭に昭和27年生まれの間に生まれた男ばかり5人の兄弟です。私は4男です。下着のタンスは上から4番目でして、実の母親が綿のパンツにイニシャルか番号を墨で書いていたものをはいてました。実家の暮らしのなかや青年期まで女性的なものや女の心を知ることはなかったのですね。女性コンプレックスを持ちながら長い間年齢を重ねてきたと思ってます。私の子供は女が二人です。貴ブログの今日の記事を読んで解らない点もあります。何回が読ませていただき、再びコメントさせてください。
読者の一人
2018/05/17 04:46
読んで頂いて嬉しいです。細かい事柄は省いているので私の男女生徒に対する気持、態度しか分からないでしょうね。私は4姉妹の3番目で”甘える”ことを勝手に封印してずっと来ました。最近になって甘えれば良かったんだ、と気が付いてきました。(遅すぎましたね"(-""-)"質問してくださいね。
花詩如
2018/05/17 15:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
未だ分からない男の子、男性 みどりの路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる